太陽光発電と共にオール電化を導入する

新築を建てた家の構造は1階に両親が住んでいまして、2階に旦那と子供3人の5人家族で住んでいるのですが、このような環境で毎月平均して2万5千円以上かかっていました。

太陽光発電を導入してオール電化に変えたことにより1万2千円以下になり、そこから太陽電池で発電した電気を売電した金額を差し引くと、毎月の光熱費は9千円ぐらいになっています。

毎月1万6千円ほど浮いたことになりますので、これを年間で考えると、19万2千円となって約20万円も光熱費を削減できたことになります。

これは各家庭に取り付けた太陽光発電の面積で異なりますし、家庭内の電気の使用量によっても違うので、一概には言えないのですが、私の家では良い結果が出ています。

つまり、太陽光発電に投資したお金は、10年あれば元が取れてしまう計算となります。

ホンダと太陽光発電環境的に優れているのかも知れませんが、太陽光発電とオール電化の組み合わせは最強だと思いますし、太陽光発電で自宅の電力をカバーできるのであれば、経済的に良いだけではなく環境にも貢献できて、健康で健全な生活を送ることが可能になります。

このサイト≪http://jobsxing.com/≫でもおススメの今後、太陽光発電を設置するのであれば、オール電化も一緒に考えてみては如何でしょうか。